お客様の声

いつか・・・を形にすることができました

大分市神野様

家から近い場所に、小岳城、本宮山を見渡せる緑豊かな霊園をご紹介いただき、「いつか建てなくては・・・」と思っていたわたしの背中を押してもらいました。クリスマスローズを墓石にあしらい、お花が好きなわたしは大満足です。夫、子どもたちとも入魂式も済ませ、いつの日か眠りにつくお墓を見定めることができ、安堵しています。社長ご夫婦に感謝していますよ。

安東石材店から神野様へ。
少し関西なまりの神野さん。サバサバした性格でお友だちと一緒に判田にあるもみじ霊園さんにお墓を建てられました。自然豊かなもみじ霊園さんを気に入っていただき、お花の模様や文字のデザインも一緒にさせていただきました。「いつか・・・」と考えられている方は多くいらっしゃいます。神野さんはそれを形にできました。わたくしどもも本当にうれしいです。これからもよろしくお願いいたします。

先祖代々のお墓を受け継ぐことができました

大分市山川様

宮﨑の出身でわたしは三男なんですよ。でも昔からお寺様からも両親からもなぜか頼りにされてしまって。ずっと先祖の墓をどうにかしなくてはならないと気にはなっていてもどうしていいか分からずに時間ばかり経っていましたところに、安東さんからアドバイスをいただきました。五輪塔というお墓を建てましたが、開眼供養ではお寺様にも褒められて。自慢のお墓になりました。本当にいいお墓づくりができたと思います。

安東石材店から山川様へ。
山川さんとは営業で歩いているときに奥様と目があったのが始まりでした。お墓のことがずっと気になっていて・・・ということから、ご主人さんともお話させていただきました。墓石にはこだわりたいというお話から、石種は国産大島石を使用。たたき仕上げという加工方法で日本の気候に合わせて苔むしていくのを楽しんでいきたいというお話もしました。五輪塔は歴史ある墓石様式です。わたくしどもにとっても自慢のお墓です。担当安東一美

建ててみて初めて建てた人の気持ちが分かったね~

大分市三重野様

お墓なんていつか建てればいいと思っていたんだけどね。安東さんと話すうちに、夫婦どちらかに何かあった時に「さあお墓!」ってなれるのかな~と。そうしたら「いつか」って今なのかもしれないな~と思いました。実際建ててみて「ほとけごころ」っていうのが芽生えて安心感というか落ち着いたというか。いいタイミングに建てることができたと思いますよ。

安東石材店から三重野様へ。
三重野さんは初めてご訪問した時、国会中継を真剣に見ていらっしゃって、「お墓はまだいい」とおっしゃるくらいお墓には関心のなかった三重野さん。「寿陵」という生前にお墓を建てることが「徳」を積む意味があることなど、一緒にお話するようになると「いつかでいい」と思っていた三重野さんもお墓を建てるタイミングを考えるようになりました。文字もお友達の書家の山崎さんにかいていただき、とても三重野さんらしいお墓になりました。今ではお墓をご見学にいらっしゃる方もいるほど有名なお墓になりました。担当 安東一美

故人がずっと気にしていたお墓。きっと喜んでいると思うよ。

大分市池辺様

妻はどこにいってもみんなから『いい人だ~』って言われるような人。わたしは全然言われないんだけどね。(笑)その妻がなくなる前に墓のことを気にしていた。墓の上の部分が私は好きなんだ~って言っていたから、磨いて再利用して、本当にいいことができたと思うよ。近所のみんなもいつでもお参りできるような、そんな墓になったんじゃないかな。

安東石材店から池辺様へ。
奥様の智恵子さんが生前気にされていたお墓のことをお話くださった幹夫さん。息子さんや娘さんも一緒にお墓のことについて真剣に取り組んでくださり、とてもよいお墓づくりができました。墓所が公民館の隣ということもあり、みなさんが気軽に手を合わせてくれるとうれしいと、明るく、どなたでも立ち寄れる墓所ができました。智恵子さんの希望だった帆石(一番上の墓石)の再利用も出来、幹夫さんらしい、よいお墓づくりができ、わたくしどもも本当に感謝しております。担当 安東一美

お墓の建て替えと同時に気になっていたことは全て解決しました。

宇佐市院内町A様

お墓の建て替えと気になっていることがたくさんありました。お墓は古いので建て替えだろうというのはわかっていたのですが、その他に軍人塔(戦争で亡くなられた方のお墓)の老朽化、草に埋もれてしまって手をつけられないたくさんの石塔、古い個人のお墓の整理。どこからどうやったらいいのか分からずにいましたが、今回すべて整理でき、本当に良かった。気になっていたことが解決し、一安心です。

安東石材店からA様へ。
A様の墓所は何か所かに分かれていて、各所丁寧にお経をあげていただきご供養させていただきました。軍人塔は土台も古くなっていて、高さも高いためご供養後撤去とさせていただきました。個人のお墓も整理させていただきました。埋もれてしまっていた石塔もすべて土から取り出し、基礎コンクリートを打った土台の上に整理させていただきました。一つ一つきちんとご供養しながら整理し、新しいお墓でお母様の笑顔を拝見した時、とても温かい気持ちになりました。これからもよろしくお願いいたします。担当 安東一美

ひとつずつ丁寧に。後の世代のことを考えたお墓づくりを

大分市川邉様

お墓が古くなってしまって、多分納骨室の中にも水が入り込んでいるだろうと気になっていました。いろんな石材店を回りましたよ。お墓の建て替えは初めてなので、自分でも知っておくべきだと展示しているお墓を見て歩きました。墓は掃除がしやすく、周りに貼石もしてもらいました。納骨室の中には50回忌が済んだときに後の代が骨を土に返しやすいよう、棚板をずらしやすくしています。ひと工夫こそ、その家のお墓づくりなんだと思いますよ。

安東石材店からA様へ。
A様の墓所は何か所かに分かれていて、各所丁寧にお経をあげていただきご供養させていただきました。軍人塔は土台も古くなっていて、高さも高いためご供養後撤去とさせていただきました。個人のお墓も整理させていただきました。埋もれてしまっていた石塔もすべて土から取り出し、基礎コンクリートを打った土台の上に整理させていただきました。一つ一つきちんとご供養しながら整理し、新しいお墓でお母様の笑顔を拝見した時、とても温かい気持ちになりました。これからもよろしくお願いいたします。担当 安東一美

安い買い物ではないお墓。何社か回って決めることも大切です

大分市山下様

昭和19年に建てられ、少し傾きかけたお墓の建て替えを決め、安東さんを含めて3社の見積もりを取りました。メールだけの対応だったり、既製品で業務内容ばかりの話だったり、石材店の対応はそれぞれでしたが、安東さんは何度も足を運び、話を聞いてくれました。何社か回ること、とにかくたくさんのお墓を見ること、自分の生活の一部である家や車と同じような感覚で考えること、自慢したくなるような墓にすることなど、お墓づくりには大切なことがたくさんあります。すべてやりきり、本当によいお墓づくりができました。

安東石材店から山下様へ。
山下さんのお墓の建て方は本当に理想的。当店に来られるまで何社か石材店を回っていらっしゃいました。自分にあった石材店を見つけること。これは一番大切なことです。当店でも「何社か回られてください」とお声かけをすることもあります。また、いろんな墓をできるだけ見に行くことも良いお墓づくりのひとつの行程です。山下さんはご自分で足を運び、本当に真剣に取り組んでいらっしゃいました。墓所前の通路もご自分で施工。すごく明るい墓所になり、わたくしどももびっくりしました。これからもお墓のこと、見守っていきたいと思います。担当 安東一美

家族全員初めてのお墓づくり。アドバイスを聞きながらのお墓づくりでした。

大分市川邉様

娘が社長さんと同級生でお願いしようかってなったんだけど、家族全員初めての墓づくり。なんでも聞けて良かったと思います。うちの親戚は線香をたくさん立てるから、灰も落ちて汚れるし、仏壇にあるような香炉にできないかって相談したら、石で香炉を作ってくれて。灯籠も孫がまだ小さいから先の尖ったものではなく、少し丸い形にしてくれたりと小さなところまで一緒にデザインしてくれて、良かったですよ。息子も「思ったより立派な墓でびっくりした」と言われ、良かったな~と思いました。

安東石材店から川邉様へ。
川邉さんから「ここはこうしたい」というご意見を聞きながらデザインを進めていきました。お仏壇にあるような香炉は川邉さんの時に石で作ってみましたが、香炉の周りが汚れにくく、「これはいい!」ということで、当店では定番の香炉の形になりました。お客様のアイディアが次のお客様のデザインに取り入れられるのはわたくしどももとてもありがたいことです。奥様の宮江さんと墓石の建立者にお名前を並べられ、ご納骨の日もいいお天気で家族みなさん集まり、とても良い日になりました。本当にありがとうございました。担当 安東一美

想いを込めたお墓づくり。叶えたかったいろんな想い

豊後高田市後藤様

お墓づくりは、様々な人に対しての『想い』です。それは先祖であり、家族であり、近隣の人々に対してです。先祖に対しては『敬いの想い』、家族に対しては『思い出の想い』 また、近隣の方々には『気遣いの想い』です。そういう『想い』を実現させてくれる石材店を選ぶことが大切です。今回、山中の古墓の移動等もあり、なかなか大変な作業工程でした。私のその『想い』は、叶えられたのではと思います。形状、色、産地等の石材の本質を聞き、土地の景観と合うかどうか、石材店さんと十分に話し合われる事が大切だと思います。

安東石材店から後藤様へ。
わたしたち石材店に「想い」をしっかり伝えてくださった後藤さん。山奥にあったおじいちゃんの国東塔を降ろしたいというご希望にわたくしが「無理かもしれない・・・」と判断をしましたが、社長の「降ろそう」の一言で現在の墓所に降ろすことになりました。わたしはあきらめずに想いを形にすることを学びました。国産茨城県の稲田石を使った歴史ある五輪塔を建て、また国東塔、おばあちゃんのお墓と一つにまとめることが出来、お参りも今までよりもゆっくり、落ち着いてできるようになったと思います。学ぶことの多かった墓所。これからもよろしくお願いいたします。担当 安東一美

墓守として帰ってきた大分。よい先祖供養ができました。

大分市安藤様

長い間大阪が生活の場所だったんだけど、墓守のつもりで帰ってきて、墓を見たら古いしね。どうにかしなくてはと安東さんに相談したんだけど。お墓の立て直しは初めてだからね。親戚も呼んで、きちんとお寺様にお経もあげていただき、墓を建てなおすことができました。

安東石材店から安藤様へ。
大阪から帰ってこられて、当店を訪ねてきてくださいました。少し大阪弁でゆっくりとお墓のご希望を伝えてくださった安藤さん。一緒に実際建っているお墓を見に行き、ご自分の墓所に合うデザインを決めました。黒御影を使い落ち着いた雰囲気に。また、階段があるにもかかわらず、お参りするスペースを広めに確保しました。桜の木が多い墓所のため、花弁や落ち葉が多いので、周りに貼石をしてお掃除がしやすい工夫をしました。今でも仲良くさせていただき、お野菜をくださる安藤さん。これからもよろしくお願いいたします。担当 安東一美

家族がいつ行っても明るい、シンプルなお墓ができました。

大分市丸山様

実際お墓掃除をしてみましたが、高いところにも手が届き、掃除しやすかったですね。たまたま知り合いの方がお参りに来られていてお会いしたのですが、ゆっくりお参りしていただけたようです。また、「いい石使っているんでしょう。」と言われて、うれしかったですね。広くて、すっきりしていて。何より家から場所が近いので天気の良い日は気軽に行けますよね。いい場所を見つけられてよかったです。

安東石材店から丸山様へ。
環境がよく明るい、またご自宅から近いこともあり、下判田にある「もみじ霊園」さんにお墓を建てられました。
 お父さんの幸夫さん、息子さんの裕司さんも真剣にお墓づくりに取り組んでくださいました。特に裕司さんはお仕事のお休みの日にしかお会いできない中、話し合いの度にお墓の形やご希望を考えてくださっていて、こちらもご提案がしやすくなりました。お知り合いの方もお墓まいりにいらっしゃるようで、お参りするところをシンプルに広く取っていることからゆっくりお参りいただけているようです。担当 安東一美

いろんな墓屋をまわってね。いい勉強になった。

大分市二宮様

とにかく、安東さんのところに来るまで、いろんな墓屋さんを回ってきたんだよ。まあ、いろんな墓屋がいるね~。妻が亡くなり、息子と墓を建てることになったんだけど、安東さんは若くて頑張っているし、お願いすることにしたよ。墓所の端なので道からもよく見えるし、みんな見ていくような自慢の墓ができました。

安東石材店から二宮様へ。
当店へいらっしゃった時はもういろんな石屋さんを回ってこられていて、おじいちゃんのパワーにはびっくりしました。お話をするようになってからは遠方にいらっしゃる息子さんとメールを使ってやり取りをさせていただき、本当にお大変だったと思いますが、一生懸命取り組んでくださいました。インド石材を使用し、貼石もしてとても清潔な墓所になりました。今でもおじいちゃんとは仲良し。当店を選んでいただけたこと、本当に誇りです。これからもよろしくお願いいたします。担当 安東一美

石屋から見た墓のよさ、選び方の全てをおしえてもらいました。

大分市甲斐様

安東さんのところのお墓づくりは、緻密(ちみつ)に計画してくれるよね。私たち客は素人。石屋から見た石の良さ、墓づくりを説明してくれたし、選ぶためのアドバイスがとにかくよかった。出来上がった時は家族ともども、念願の墓が出来て感激しました。

安東石材店から甲斐様へ。
石種や墓石の部分的な意味についてもしっかり聞いてくださり、とてもありがたかったです。お墓づくりにはお寺様からもお墓の建て方のお話を伺い、「南無阿弥陀佛」を帆石(一番上にくる石塔)にも彫らせていただきました。建碑式当日はお天気が悪かったのですが、だんだんに雨もやみ、みなさんで写真を撮るころにはすっかり止んでしまいました。とても明るく、いつでもお参りできるよいお墓ができました。また遊びに行きますね。 担当 安東一美

扉に入れたエビネ蘭。父との想いでがよみがえりました

大分市栁川様

どのようにお墓を建てるのか、全く分からなかった私たちに石材選びからデザインまで本当に丁寧に教えていただきました。「お花の彫刻もできますよ」と言われ扉に入れてもらうことにしたのですが、子どもの頃に父と行った山の中で見た木漏れ日に浮かぶエビネ蘭を思い出しました。何度もデザイン案をやり取りさせていただき、本当に素敵なお墓になりました。ありがとうございました。

安東石材店から栁川様へ。
息子さんの恭廣さんご夫妻は大分にいらっしゃらないため、デザイン等をメールでやりとりしながらのお墓づくりになりました。お休みの日には当店展示場まで足を運んでいただいたり、遅くまでお仕事されてから、お墓づくりに取り組まれ、本当に感謝しております。完成した瞬間、扉のエビネ蘭に足元のブラストが反射し水面に浮かんだように見えるのに気づきました。これは恭廣さんがはじめから想定してデザインしたと伺い、目からウロコでした!わたしも大変勉強になりました。これからも大分でわたくしたちも墓守のお手伝いができればと思います。担当 安東一美

雪の多い寒冷地。石の質もじっくり相談しました。

玖珠郡九重町日野様

お墓をつくることは不安だらけで、伺いたい小さな質問に一つ一つ安東さんは答えてくれて、できること、できないことも教えてもらいました。私が主に考えたのは耐震性と墓所が寒冷地なのでそれに合った石種選びでした。また、息子の代になってもお手入れがしやすいデザインにしたいということでした。息子夫婦も一緒に考えて決めることができました。施工を見に行った時は職人さんも説明もしてくれて、安心できました。わたしは故人を偲んで足元に桜をデザインしてもらいました。そういうこともご相談されるとよいと思います。

安東石材店から日野様へ。
初めてのお墓づくり。「一体何から始めればよいのが分からない。」そこからのスタートだった奥様の由里さん。共同墓地の区画は広く、周りのお墓も背の高いものが多い中、後の代のことを考え、低く、お掃除がしやすく、ゆっくりお参りできる、そんなお墓を由里さんは考えていらっしゃいました。大分市内の霊園にも息子さんと足をお運びいただき、石種や形の説明もしっかり聞いていただきました。本当に当店がお勧めするお墓の建て方を実践していただき、よいお墓づくりが一緒にできたのではないかと思います。これからもいろいろお話しましょう! 担当 安東一美

長い時間がかかったご先祖様への想い。やっと形になりました。

大分市池永様

お墓づくりを考えだしてから10年という長い年月がやっと形になりました。10年間お墓を建てなおすために図書館へ通ったり、いろんな石材店を回って勉強してきましたが、自分の中で納得のいく答えがなかなか出ずにいました。昭和14年に建てられた池永家のお墓。そのまわりにある個人のお墓6基。気になる「大乗妙典」と書かれた石塔1対。丁寧に供養していく中で、解体時に見たことのない3体の骨壷が出てきた時は驚きました。歴史ある五輪塔という形に想いを込め、本当によいお墓づくりができたと思っています。

安東石材店から池永様へ。
初めてお会いした時、本当にずっと悩んで来られたのがとてもよくわかりました。粗末なことはできないと丁寧に丁寧に一緒に進んで行った気がします。たくさんあった石塔もすべて文字を書き写しました。石に彫り込んだものは永遠に残ることからご納骨室の石版にそれを書き写し、彫り込みました。50回忌を済まれた方のお骨もさらしの布に包み、土におさめさせていただいたり、お写経をしていただき、一緒におさめさせていただいたりと、これまで悩んで来られたことが全て無駄にならないよう、一緒に頑張りました。こちらのご提案もたくさん受け入れていただき、本当に思いのこもったお墓になりました。担当 安東一美
イシヤノヨメ作大分の失敗しないお墓づくり
社員の紹介
文字の彫刻

工事中
お気軽にお問い合わせください

墓じまい
ブログイシヤノヨメ
お電話での相談申込はこちらフリーコール0800-888-1148
営業時間 午前9時から午後6時
メールでのお問い合わせはこちら